春の可愛いレトロファッションは、刺繍とデニムで攻略できる

2017年のレディース春服では、刺繍や花柄プリントアイテムが大量発生

刺繍アイテムをレイヤードで着たり、デニムパンツと組み合わせてヴィンテージミックスにしたり、春の可愛いレトロファッションの攻略方法をまとめました


ヴィンテージ柄ワンピースには、リメイク風Gジャンを羽織る



デニムと黒や赤は好相性なので、黒ベースのヴィンテージ花柄ワンピースに、思いっきり切りっぱなしにしたリメイク風Gジャンを羽織ります。

今年のレディース春ファッションでは、ヴィンテージ感は強いほどオシャレに見えるのですが、全体的に、モロ60年代ファッション、70年代ファッションみたいな雰囲気は、やややり過ぎになります。

シティライクな白小物などで、ちょっとハズしてバランスを取るのがおすすめです。



レトロな柄ブラウスは、デニムパンツが好相性



ヴィンテージっぽさ満開のブラウスは、デニムでカジュアルダウンに着こなすと、オシャレな春コーデになります。

ハイウエストのデニムパンツで、ブラウスのレトロ柄を上半身にコンパクトにまとめて、スタイルアップさせましょう。

例えば、Avan Lily(アヴァンリリィ)からは、トレンドのフレア袖でチョーカー付きの白小花柄ブラウスの新作が出ています。

トレンドづくしのトップスに、ワイドデニムを合わせて、サボをはくと、今年の春っぽいレトロファッションに仕上がります。



辛口な春コーデには、アフリカン柄やネイティブ柄



2大ヴィンテージ柄といわれているのが、アフリカン柄やネイティブ柄。

今年のレディース春服では、辛口なコーディネートに、ヴィンテージ柄を取り入れるのがトレンドです。

真夏なイメージのアフリカン柄を、春から始めるのがオシャレ上手。

アフリカンっぽいストライプ柄のガウンを、さらっと羽織ったり、チロリアン柄のトップスをレザータイトスカートと合わせて、カッコよく着こなしましょう。

ネイティブ柄をスタイル良くおしゃれに着るなら、オフショルデザインを選びのがおすすめ。

顔まわりの肌を見せることで、女性らしさやこなれ感が漂います。



抜け感を出すなら、刺繍ガウンを羽織るだけでOK



春ファッションでトレンドの刺しゅうアイテムは、さりげないのにインパクトがあるので、刺繍ガウンを羽織るだけでも、今年の春っぽい「抜け感」が生まれます。

例えば、jouetie(ジュエティ)のベージュ刺しゅうデザインガウンは、背中側に一輪の花が刺しゅうされていて、さりげなさがとてもおしゃれな春アウター。

また、Ungrid (アングリッド)からは、ネイビーに朱色の刺しゅうがあでやかな刺しゅうガウンが出ています。

いつものシンプルコーデが、刺しゅうガウンひとつであか抜けます。



今年の春ファッションでは、キャミソールにも刺繍入りに



キャミレイヤードのスタイルも、刺しゅう入りのキャミにするだけで、今っぽいコーデになります。

例えば、MOUSSY(マウジー)のサテンキャミは、黒のビッグサイズの長袖Tシャツにレイヤードするだけで、春っぽい華やぎのある、可愛いレトロファッションになります。

また、EVRIS(エヴリス)のベージュ刺しゅうビスチェも、それ1枚だけで着るのはもちろんのこと、ロンTと重ね着して着ることも出来るので、着まわしの効くアイテムです。



ハズしアイテムに使えるのは、刺繍入りのスカジャン



辛口コーデにハズしアイテムとして使えるのが、2017年のレディース春ファッションで流行中の刺しゅう入りスカジャンです。

例えば、EVRIS(エヴリス)から出ているネイビーベースの刺しゅう入りスカジャンは、ほのかに「きちんと感」があり、着まわししやすいスカジャンです。

また、SPIRALGIRL(スパイラルガール)のパープルの刺しゅうブルゾンは、甘めコーデのトッピングとしても使える、やさしいパステルカラーの刺しゅうブルゾンです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。